今月の管理部メニュー

SSJ税理士法人
2017.7.10事務所移転しました
<新住所>
〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-13-6
第2伊藤ビル5F
TEL:03-3440-1241
郵便番号・電話番号は従来通りです。

IFRSの会計処理と開示
勘定科目別
「IFRSの会計処理と開示」
RTBコンサルティング(編)/
BDOアドバイザリー(編)
2009年(株)中央経済社刊
都甲和幸
道具としての会計入門
「これならわかる企業会計原則」
都甲和幸・白土英成(著)
2008年日本実業出版社刊
トップ  >  7月  >  基礎算定届け作成

 基礎算定届け作成

6月に入ると社会保険事務所から「報酬月額算定基礎届」「算定基礎届総括(調査)表が送付されてきます。

健康保険や厚生年金保険の保険料額は、会社が各従業員に対して支払った給与をもとに算定した「標準報酬月額」をもとに算出します。

昇給や昇格などで給与水準が変化していくのに対応するため、年に一度、4.5.6月の給与を基準に届出を行い、その後1年間の標準報酬月額を決定します。

勿論、大きな変動があった場合は、期中にも変更届を出さなければなりませんが、定期的に資料を提出するのは、この時期です。
 
提出期限は、7/10です。

対象となる被保険者は、7月1日現在の被保険者ですが、下記の者は除かれます。
・6月1日以降に資格取得した者
・7月に随時改定が行われる予定の者 → 代わりに月額変更届を提出
なお、新しい標準報酬月額の適用は、その年の9月から翌年の8月まで適用されます。
   
資料リンク
 
一口メモ
社会保険の申告は、社会保険労務士さんの分野です。
少人数で、毎期定額の給与を支給する事業所は、ご自身で手続きを済ませることが可能と思われますが、変動給や歩合給を支払われる会社は、顧問契約を結ばれる方が、むしろコスト削減できる場合もあります。
提携の社会保険労務士事務所もご紹介致しますので、必要があればご依頼ください。
 
前
労働保険料申告手続
カテゴリートップ
7月
若吾